話題の16時間断食!オートファジーダイエットの効果&やり方

話題の16時間断食!オートファジーダイエットの効果&やり方

一定期間の間、固形物を一切摂取しないようにすることで内臓をリセットし、それによって健康効果やダイエット効果が期待できる、「ファスティング」は、身体の内側から綺麗にできることから、健康志向の方や女性を中心に人気が高いですが、効果は期待できそうに思いながらも、チャレンジする機会がなく、一度も行った事が無いと言う方がほとんどではないでしょうか。

そこで、ファスティングに興味があり、これからファスティングを始めてみたいと言う方におすすめなのが、オートファジーダイエットです。

オートファジーダイエットは、一言で説明すると1日の内で16時間だけ断食をすると言うダイエット法で、16時間何も食べないで過ごすことで細胞が新たに生まれ変わり、身体の様々な機能が活性化されることで身体が若返り、老化を防止することができると言われており、ダイエット効果だけでなく、免疫力の向上や美肌効果など、様々な効果が期待できます。

しかし、16時間連続で断食するのは、ファスティングに慣れていない方にとっては至難の業かもしれません。

ですが、通常のファスティングとは違い、摂取OKな固形物もあるので空腹感に耐え切れず挫折してしまうと言う心配はなく、ルール通りにきちんと行うことで、ファスティング自体が初めてと言う方でも、あまり苦痛を感じることなく楽しみながら行うことが可能です。

ダイエットに成功したことがほとんど無いと言う方でも、オートファジーダイエットなら憧れの体型に近づけるかもしれません。

そこで今回は、オートファジーダイエットの効果とやり方をご紹介します。

オートファジーとは?

オートファジーと言う言葉は、一度は聞いたことがあると言う方も多いかもしれませんが、どのような意味なのかは分からないと言う方もいるかもしれません。

オートファジーとは、ギリシャ語で「オート(自己)と「ファジー(食べる)」を組み合わせた言葉です。

細胞内に存在し、身体の不調の原因となる古くなったたんぱく質をオートファジーによって取り除くことで、細胞が新たに生まれ変わり、老廃物も排出されることで細胞や器官と言った身体の様々な機能を活性化させることができます。

そんなオートファジーの機能を作動させるには、ある条件があります。

オートファジーは、体内に栄養がある状態では、機能を発動させることができず、空腹状態を長時間キープする必要があります。

空腹状態を16時間維持することで、オートファジーの機能が発動するようになり、空腹状態でいる時間が長いほど効果を得ることができると言われています。

オートファジー機能は年齢に関係なく作動できる!

オートファジーは、年齢によって機能が発動しやすくなると言うものではありません。

年齢は特に関係がないと言われており、空腹状態を作ることで誰でもオートファジーを発動させることが可能です。

オートファジーの効果

オートファジーの機能を発動することで、健康面に様々な良い影響を及ぼし、多くの嬉しい効果が期待できます。

そこで、オートファジーで得られる主な効果をご紹介します。

ダイエット効果

オートファジーによって細胞が生まれ変わると毒素や老廃物が排出されることで、脂肪燃焼が促されるようになり、ダイエット効果が期待できます。

疲労回復効果

細胞が新たに生まれ変わり、若返ることで疲れにくい健康的な身体を作ることができ、疲れが回復しやすくなります。

免疫力アップ

内臓機能が活性化されることで、免疫力の向上が期待できます。

便秘解消

腸内環境が改善することで、便秘解消が期待できます。

美肌効果

老廃物や毒素が排出され、さらに腸内も整われることで美肌効果が期待できます。

オートファジーダイエットのやり方

オートファジーダイエットの基本的なルールは、8時間好きなように食べて、そして残りの16時間を何も食べずに過ごすと言うものです。

16時間と聞くと、1日の半数以上あるので一見大変に思いますが、1食分を抜くだけなので通常のファスティングに比べるとそれほどハードルが高い物ではありません。

オートファジーダイエットを開始するには、まず実践する時間を決めておきましょう。

実践する時間帯によって朝食または昼食を抜くことになり、スケジュール的に自分がやりやすい時間帯を選択してみてください。

そこで、時間帯別のオートファジーダイエットのスケジュールをご紹介します。

朝食を抜く場合

ファスティングが初めての方におすすめなのが、朝食を抜くスケジュールです。

昼食は好きな時間に食べ、そして夕食は20時までに済ませるようにしましょう。

ここからファスティングが始まり、16時間何も食べずに過ごします。

前日20時に夕食を済ませた場合、翌12時までファスティングを行い、その後昼食をとることが可能です。

就寝時間を多く含めるので、忍耐力に自信が無いと言う方にもおすすめです。

昼食を抜く場合

朝が早く、夕食を食べるのがいつも遅めだと言う方は、昼食を抜くスケジュールがおすすめです。

まず、少し早いですが朝6時までに朝食を済ませるようにします。

その後ファスティングを開始し、16時間何も食べずに過ごします。

そして16時間後、夜22時なったらファスティングを終了し、夕食を食べることができます。

1食も抜かなくてもオートファジーを発動できる裏技

オートファジーダイエットの2つのスケジュールをご紹介してきましたが、どちらのスケジュールも1食まるまる食事を抜かなくてはならない為、空腹状態を耐え切れるか自信が無い方も多いかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、1食も食事を抜かずにオートファジーを発動させる方法です。

まず、夕食を早い時間(18時までが理想)に摂るようにします。

その後、ファスティング期間に入り、そのまま就寝します。

翌朝起床後、前日の夕食を食べてから16時間経過したら(18時なら翌朝10時)朝食を食べます。

夕食後は、なるべく早めに就寝するのがおすすめで、早く寝るようにするほど空腹感を感じずに済みます。

オートファジーダイエット中に飲んでいい飲み物&NGの飲み物

オートファジーダイエットを行う16時間の間に、飲むことができる飲み物は以下のようになっています。

・水
・お茶
・紅茶(無糖)
・コーヒー(無糖)
・炭酸水
・野菜ジュース
・酵素ドリンク

この他にも、スムージーや具が無い味噌汁・スープなども飲むことが可能です。

また、牛乳や豆乳は飲むことは禁止されていないですが、カロリーが高く、脂肪分や糖質が含まれているので、
なるべく控えるようにしましょう。

次に、オートファジーダイエット中に飲んではいけない飲み物をご紹介します。

・ジュース
・炭酸飲料
・スポーツドリンク
・アルコール
・プロテインドリンク

これ以外にも糖分が含まている飲み物は、飲まないようにしましょう。

プロテインドリンクは、たんぱく質が豊富に含まれており、オートファジーの発動に支障をきたす場合があるので、
なるべく控えてください。

オートファジーダイエット中に食べてもOKの固形物

オートファジーダイエット中は、基本的に飲み物だけで過ごさなければなりませんが、一部、例外で摂取可能な固形物があります。

その固形物とは「ナッツ」です。

ナッツには、オートファジーを活性化させる「不飽和脂肪酸」が含まれており、さらに満腹感も高いので、空腹で我慢できないときには、取り入れてみてください。

ナッツのタイプは、なるべく素焼きで無塩のものを選びましょう。

オートファジーダイエットにおすすめの酵素ドリンク

オートファジーダイエットのやり方をご紹介してきましたが、固形物が一部食べられると言っても、16時間飲み物中心で過ごすのは少し過酷に感じるのではないでしょうか。

そこで、取り入れたい飲み物が「酵素ドリンク」です。

生の野菜や果物を発酵させて作られた酵素ドリンクは、栄養が豊富に含まれているので、ファスティング中でも栄養をたっぷり摂ることができ、さらに満腹感も高いので、空腹によるストレスを紛らわすことができます。

酵素ドリンクを選ぶ際には、味がおいしく、さらに品質が良い物を選ぶのがおすすめです。

おいしい酵素ドリンクなら、ジュース感覚で飲むことができ、そして、添加物や甘味料など余計なものが含まれていない安全性が高いものを選ぶことで、身体に負担がかからず、安心して飲むことができます。

オートファジーダイエットにおすすめなの酵素ドリンクが「無添加酵素飲料 マリッカエンザイム」です。

マリッカエンザイムには、75種類もの果実や野菜を独自の単品抽出製法によって生のままひとつずつ抽出しており、そして発酵時には、独自の植物乳酸菌15種と酵母を使用して3年以上かけて発酵するなど、他の酵素ドリンクには、無いようなこだわりが沢山詰まっています。

さらに添加物不使用なので安全性も高く、そして天然素材で味を調整している為、酵素ドリンクによくあるえぐみなどが無く、飲みやすいのでファスティング中にも取り入れやすくなっています。

ダイエットやファスティング時以外にも、毎日1杯を飲むことで健康維持にもつながり、毎日の健康な暮らしをサポートしてくれます。

安全性があり、飲みやすく、初めての酵素ドリンクにもおすすめのマリッカエンザイムをぜひ取り入れてみてはいかがですか?

まとめ

このように、オートファジーダイエットでは、過酷な食事制限をしなくても、健康的にダイエットすることができ、さらに酵素ドリンクなど飲み物にもこだわることで無理なく16時間ファスティングができるようになります。

みなさんも、オートファジーダイエットに、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事