体内水分量を増やす方法5選【原因・メリット解説】摂り入れたい美容成分も紹介

体内の水分量を上げる方法、増やすことで得られるメリットについてご紹介します!

体内水分量が減る原因や、原料するとどうなるのか、注意点なども掲載。

水分量を増やすためには、普段から水をたくさん飲むことが大切です。しかし、加齢による水分量の低下を避けるのは難しいため、ぜひこちらの記事を参考にさまざまな方法で対策をとりましょう!

体内水分量が少なくなる原因

水を持っている女性

体内水分量はなぜ減るのでしょうか?実際に少なくなってしまう原因を解説します。

「加齢・高塩分摂取・水分不足」の3つ

体内水分量が減少する原因は、主に「加齢」と「1日に必要な水分量の不足」「塩分の摂りすぎ」の3つによるものです。

加齢については抗えないものですが、「1日に必要な水分量の不足」「塩分の摂りすぎ」の2つについては自身で調整が可能でしょう。

1日に必要な水分量や塩分量をしっかりと把握して、調整をするようにしましょう!

運動不足によって水分摂取機会が減っている場合もある

運動をあまりしない人よりも、運動をよくする人の方が水分を摂る機会が増えます。

そのため、運動不足の方は水分量が標準よりも低下している可能性も考えられるのです。

もし、日常的に運動をしていない方で水を飲む癖をつけたい場合は、週に数回は運動を取り入れてみるのも良いかもしれませんね!

体内水分量が減少するとどうなる?

ベンチで水を飲む女性

体内水分量が減少していくと具体的に身体はどうなってしまうのでしょうか?

体内水分量が減少すると以下のようなことが引き起こされます。

5つの症状に悩まされる

体内水分量が足りない場合は、以下の5つの症状や病気に悩まされる危険があります。

・栄養素の代謝に異常が発生

・体温調整機能の低下

・血流の悪化

・乾燥肌

・便秘

栄養素の代謝に異常が発生

食べ物に含まれた栄養素は、体内に侵入すると消化や吸収後に分解される仕組みとなっています。

体内の水分のひとつ「体液」の中で栄養素による代謝が行われることから、体液が不足していると栄養素を正常に代謝できなくなってしまいます

体温調節機能の低下

体液には、発汗させて体温を一定に保つ「体温調節機能」が備わっています。

血液の循環には体液が使用されているため、水分が不足すると血液の循環が悪くなってしまい、体温の調整が正常にできなくなるため汗をかきにくくなります

血流の悪化

血球と血小板を浮遊させる「血漿(けっしょう)」は約9割水分でできており、体内の水分量が減少することで粘度の高いドロドロとした血液へと変わってしまいます

それにより血流の悪化に繋がってしまうため、血液の循環を良くするためにも水分は必要なのです。

乾燥肌になる

肌トラブルがいつまでも改善しないという方は、体内水分量の不足が原因かもしれません。

さらに水分不足によって、肌の潤いを保つコラーゲン量も減少してしまいます

肌の水分量を増やす為にはスキンケアだけでなく、内側からアプローチをしていく「インナーケア」にも取り組むと良いでしょう!

【乾燥肌による症状】つっぱり肌・ガサガサ肌など

便秘

体内の水分量が減ってしまうと、便に含まれている水分も減少するため便秘になりやすい身体へと変化してしまいます。

しっかりと水分をとることで便も柔らかくなり、便秘を防ぐことができるでしょう。

体内水分量を上げるおすすめの方法

水を注いでいるコップの画像

体内水分量を増やすことができる様々な方法をご紹介します。

忘れずに毎日続けるようにし、平均以上の水分量を目指しましょう。

補給タイミング|1日5ヶ所で水分摂取する

水分補給は1度に一気飲みをするのではなく、細かくタイミングを分けて補給した方が水分不足に陥るリスクを減らせます

他にも、1日の中でおすすめな飲むタイミングを紹介しますので、ぜひ試してみましょう!

【水分摂取のおすすめなタイミング】

・起床時や就寝前

・トレーニング前後や途中休憩

・入浴の前後

・飲酒中や飲酒後

上記のタイミングは、とくに体内の水分が不足しやすい時と言われているため、意識して取り入れることが大切です。

必要量|1日約2.5Lは飲もう

必要量|1日約2.5Lは飲もう

人間は生命を維持するために、1日に約2.5Lの水分量が必要となります。

水分は主に「飲み物」「食事に含まれる水分」「体内で栄養素がエネルギー変換時されるときに生成する代謝水」があり、これらを合計した総量が2.5Lとなるのが理想です。

最低1日1.5Lの水をこまめに摂取しよう!

自身で摂取する水の量は、1日に1.5Lを目安にすると良いでしょう!

まずは起床時に1杯飲み、その後は朝食・昼食・夜食時に1杯ずつ、朝食〜昼食の間に1杯、合計1日8杯程は飲むことをおすすめします。

食事|「ムコ多糖類」を摂取する

人間の体内には水分を蓄える「ムコ多糖」と呼ばれる成分があり、体内の細胞間をつなぎ、不要になった老廃物を排出する作用を持っています。

ムコ多糖類の減少を防ぐためには、ムコ多糖を含んでいる食べ物を摂取しなければなりません。

ウナギやフカヒレ、豚骨スープ、ハモ、牛軟骨などに含まれており、これらの食べ物には保湿効果もあるので乾燥肌の改善にも期待ができるためおすすめです。

「ムコ多糖」が盛んに生成されるのは20代前半まで

20代前半頃まではムコ多糖が体内で生産されます。

しかし、20代後半からは体内水分量が低下するにつれて、ムコ多糖も生産されにくくなり減少してしまうために積極的に摂り入れましょう。

環境|40~60%で部屋を加湿する

部屋の空気が乾燥していると、乾燥肌を招いたり、喉の調子が悪くなったりと身体に様々なダメージをもたらし、水分量の減少にもつながります

部屋の湿度は40%~60%に保つようにすると快適に過ごすことができますが、加湿器がない場合は、濡らしたタオルを干したり、洗濯物を部屋干ししたりと、水分を蒸発させる方法で加湿してみてください。

睡眠|寝室の環境を整えるのも大事

良質な睡眠を送ることは、体内の水分量を保つことに繋がります。

深い眠りに入って30分~1時間以内に成長ホルモンの分泌が始まるため、眠りがすぐ浅くならないように寝る環境を整えることが大切となります。

就寝前のスマホいじりなどを控え、睡眠環境を見直してみると良いでしょう。

運動|筋肉をつける

水分量を増やすために特に効果的なのが筋肉をつけることです。

筋肉の中はなんと7割以上が水分によってできており、筋肉量が多いほど多くの水分を溜めることができます。

筋肉をつけるには、トレーニングを行うだけでなく、タンパク質を積極的に摂取するようにし、質の良い睡眠をとって筋肉の成長を促す成長ホルモンを分泌させましょう。

体内水分量を高める美容成分

透明感のある女性

肌などの水分量を高めてくれる、オススメの美容成分をわかりやすく簡単にご紹介します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は大量の水分を保つ働きを行います。

加齢や乾燥、紫外線、摩擦などによって失われてしまうため、化粧品等で補給しましょう。

セラミド

セラミドは角質細胞の隙間を埋める「細胞間脂質」という成分です。

角質細胞にある水分をとどめるために存在しているため、積極的にカラダへ摂り入れたい美容成分となっています。

コラーゲン

コラーゲンは肌のハリや弾力を保つための働きをしています。

こちらも外部刺激により失われてしまうため、化粧品等で補給しましょう。

体内水分量が増えることで得られるメリット

背伸びをしている女性の画像

水分不足を解消して体内水分量を増やすことで数々の嬉しい効果が期待できます。

そこで、体内水分量が増えることで得られるメリットをいくつかご紹介します。

新陳代謝が高まる

水分量が増えると血行が促進されるため、新陳代謝の向上が期待できます。

新陳代謝が高まることで脂肪燃焼がされやすくなることから、太りにくい体質になることが期待できるのです。

また、水には満腹感も程よく得られるので、食事前に飲むことで過食を防ぐことができます。

肌質が改善される

肌が荒れやすい方は、肌の水分不足に陥っている可能性があります。

体内水分量が増えると肌の水分量の増加も期待できることから、肌に潤いが行き渡り、肌質の改善が期待できます。

便秘が解消される

便秘になる原因で最も多いのが水分不足です。

水分を摂ることで、排出がスムーズになり便秘を解消することができます。

体内水分量を増やす際の注意点

体内水分量を増やすときに気をつけたい注意点を紹介します。

砂糖や塩分の多い飲み物は控える

水分摂取する際は、清涼飲料水や味噌汁のように砂糖や塩分の濃度が高いものを飲むと水分の吸収が遅くなるとも言われています。

そのため、ミネラルウォーターや麦茶のように、なるべく砂糖や塩分が含まれていないものを摂取することが大切です。

アルコールやカフェインの飲料は控える

アルコールやカフェインを多く含む飲料は、尿の量を増やすためかえって脱水につながると考えられています。

お酒やコーヒー、お茶などは水分補給に適していないため注意しましょう。

【診断】体内水分量をチェックする方法

ストレッチをしている女性

身体に水分が足りているか調べるおすすめの方法を紹介します!ぜひご自分の体内水分量をチェックしてみましょう。

当てはまる?水分が足りない10のサイン

体内水分量が少ない人の特徴を10項目紹介しています。各項目に自分が当てはまっていないかをチェックし、当てはまった数が多いほど「体内水分量が少ない人」の可能性ありです。

ぜひ以下の項目を参考にチェックしてみましょう!

【自分の体内水分量をチェックする10の項目】

・口や唇が乾きやすい

・カサカサ肌に悩んでいる

・朝にむくみを感じる

・朝水分を摂らない

・尿の回数が1日5回以内

・体がだるい

・脇下が乾燥している

・便秘か下痢の症状がある

・冷え性

・指の先を押して赤みが出るのに3秒かかる

体内水分量を増やすおすすめのドリンク

体内水分量を増やすおすすめドリンクを紹介します!

ぜひ気になる方は商品も合わせてチェックしてみましょう。

ムコ多糖類が豊富な「プラセンタ飲料マリッカ」

お手軽に水分量を上げることができ、ムコ多糖類を含んでいる最高品質のプラセンタ飲料「マリッカプラセンタ」。

妊娠中や授乳中でも安心して摂り入れられるよう無添加な点も魅力のひとつです。

他にも「マリッカプラセンタ」は3つのこだわりが詰まっています。

1.健康的に育てられた豚の胎盤を使用

2.瞬間冷凍で1本200mg配合

3.8つの贅沢な成分配合

内服タイプだからこそクッと流し込むだけで肌ツヤへのアプローチが叶う商品となっています。

ぜひ気になる方は商品をチェックしてみましょう!

沢山の成長因子が含まれている

プラセンタには様々な魅力がありますが、なかでも「天然保湿因子」に注目!

アミノ酸である「天然保湿因子」は、肌の水分を蓄える因子なため増えることでターンオーバーが促進され、シワやシミの無い丈夫で若々しい肌に導いてくれます。

他にも「細胞増殖因子」という成長因子が含まれ、細胞分裂の促進や細胞活性化の働きがあるため、細胞レベルでの若返りに期待できます。

プラセンタドリンクを取り入れて、みずみずしいお肌を目指してみませんか?

まとめ

今回は、体内水分量を効率的に増やす方法をご紹介してきましたが、水分がどれだけ人間に必要なのかを改めて身に染みたのではないでしょうか?

外出時や仕事中は水分を摂る頻度が下がりがちの為、忘れずにこまめに水分を摂るようにしてみてくださいね。

みなさんも体内水分量を増やして、潤いに満ちた健康な身体をつくってみてはいかがですか?

Maricca APOTHECARY

Maricca APOTHECARYの製品は、誰もが安心して召し上がっていただけるように、添加物や合成香料などを一切使用しない「無添加」にこだわっています。

関連記事