これで肌トラブルとは無縁に!?秋~冬のお肌のかさつき・ごわつき対策

これで肌トラブルとは無縁に!?秋~冬のお肌のかさつき・ごわつき対策

冬が近づいてくるにつれて空気が一気に乾燥して来ますが、それと同時に気になってくるのが、お肌の不調です。

乾燥する時期は、春や夏の時期よりもスキンケアや保湿ケアを徹底的に行わなければなりませんが、しっかりとお肌のお手入れをしているつもりでも、肌がかさついたり、ごわついたりと、様々な肌トラブルが起きてしまうことがあります。

かさつきやごわつきと言った肌トラブルを引き起こす原因は、乾燥以外にも様々な原因があり、肌トラブルを改善するには、正しい方法でケアをしていくことが重要になり、しっかりと対策をすることで、かさつきとは無縁の健康的な肌になることができます。

そこで今回は、秋から冬にかけてのお肌のかさつき・ごわつき対策をご紹介します。

お肌にかさつきやごわつきができたら要注意!

日頃からお肌がかさつきや、ごわつきで悩んでいる女性は多いと言われており、本格的に空気が乾燥する冬場は、肌のコンディションが一層乱れやすくなる為、困っていると言う方も多いかもしれません。

お肌がかさついたり、ごわついてざらざらしたりと、最初は見た目が少し悪い程度ですが、少しでも肌のキメが粗くなってくると化粧が綺麗にのらなくなる為、女性にとっては深刻に感じてしまうのではないでしょうか?

その上、かさつきやごわつきが悪化するとかゆみが出てくることがあり、さらに進行してしまうと、皮膚が硬くなり、魚の鱗のようになってしまう「尋常性魚鱗癬」と言う皮膚の病気に罹ることもあります。

その為、少しでも皮膚がザラザラしているように感じたら注意が必要になり、できるだけ悪化させないように、注意を払いながら改善していきましょう。

お肌のかさつきやごわつきの原因

冬が近くなるにつれて、肌の不調が多くなるのは、様々な要因があり、1つ目は乾燥によるダメージです。

空気の乾燥によって皮脂の分泌量が低下し、それによって皮脂膜が薄くなってしまうことで、お肌を守るバリア機能も低下してしまい、肌から水分が失われてお肌が乾燥状態になります。

それによって皮膚の最も外側にある角層細胞が乾燥するようになり、かさついたり、ごわつくようになります。

2つ目は、ターンオーバー機能の低下によるものです。

肌を生まれ変わらせるターンオーバー(新陳代謝)は、年齢を重ねるにつれて周期が遅くなると言われていますが、乾燥や冷えなどもターンオーバーのサイクルが長くなってしまう原因とも言われており、サイクルが乱れることで、肌トラブルが改善しにくくなり、かさつきやごわつきがいつまでも治らずに残ってしまいます。

3つ目は紫外線です。

春~夏の時期に紫外線を多く浴びてしまったことで、肌がダメージを受け、秋~冬は特にお肌が敏感になっています。

UVケアを入念に行っていたつもりでも、気付かずにダメージを受けている場合もあり、より一層肌トラブルが起こりやすくなっています。

そして4つ目が暖房です。

暖房をつけると、室内がさらに乾燥してしまい、肌に多大なダメージを与えてしまうことになります。

どうしても暖房を付けたい場合は、加湿器もあわせて使用して、湿度50%以上をキープするようにしましょう。

簡単にできる秋~冬のお肌のかさつき・ごわつき対策!

乾燥が最も激しい季節に、肌のコンディションを完璧に整えるのは簡単ではないですが、これからご紹介するいくつかの対策を実践することで、かさつきやごわつきの予防ができ、乾燥知らずの潤いに満ちたお肌をキープすることが可能です。

そこで、簡単にできる秋~冬のかさつき・ごわつき対策をご紹介します。

1.ビタミンAを積極的に摂る

かさつきやごわつきの無い肌を作るには、保湿ケアだけでなく、1日3食の栄養バランスの良い食事を心がけることが大切で、特に美肌を作る働きのあるビタミンが含まれた食材を積極的に摂るようにしましょう。

数あるビタミンの中でも特に摂っておきたいのが「ビタミンA」です。

ビタミンAには、肌を修復・再生を促す働きがあり、さらにコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す「線維芽細胞」を増やす効果もあります。

主にレバーやバター、卵黄、うなぎなどに含まれているので、積極的に取り入れてみましょう。

2.洗顔は肌に負担をかけないように注意を払う

洗顔をする際には、肌をこすらないようにしながら、力を入れずに泡立てネットなどを使って優しく洗いあげるようにし、肌に負担をかけないように心がけましょう。

また、洗顔フォームやクレンジングは、自分の肌質に合ったものを選ぶようにし、洗浄力が高いものはなるべく避けてください。

3.自分の肌に適切なスキンケアを行う

肌トラブルがいつまでも改善しない場合は、使用しているスキンケアが合っていないことも考えられます。

まずは、自分の肌質をチェックし、自分の肌質に合ったものに切り替えてみるだけで、肌の調子が劇的に良くなる場合もあります。

自分の肌質が良く分からないと言う方は、なるべく低刺激の負担がかかりにくいものに切り替えてみるようにし、しばらく様子を伺ってみるのがおすすめです。

4.週に1度クレイパックをする

お肌のごわつきの改善や予防に効果的なのが「クレイパック」です。

クレイパックとは、カオリンなどの成分をもつ天然の粘土をペースト状にした泥パックのことです。

ミネラルなどの天然成分が配合されているクレイ(粘土)には、不要な皮脂や毛穴の汚れ、さらに古い角質を取り除く働きがあり、肌を清潔に整えることができます。

クレイパックは週に一度、洗顔の代わりに行うのがおすすめで、習慣的に行うことで、ごわつきの無い、なめらかな肌に導いてくれます。

5.睡眠を6時間以上とる

肌荒れを防ぎ、肌のコンディションを正常に整えるには、毎日の睡眠が特に欠かせません。

十分な睡眠時間がとれていなかったり夜更かしをすると成長ホルモンの分泌量が減少します。成長ホルモンは肌の新陳代謝と大きく関わりがあり、成長ホルモンが減少傾向なることで、肌のターンオーバーのサイクルも遅くなると言われています。

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を作り出す「線維芽細胞」も、成長ホルモンの分泌量が低下することで機能が弱まり、肌の水分量の減少が懸念されます。

成長ホルモンの分泌量を増やすには、最低でも6時間以上睡眠をとるようにし、さらに寝る直前には、なるべく液晶画面を見るのは控えるようしたりと、質の良い睡眠をとれるように心がけてみて下さい。

6.引き続きUV対策を行う

UV対策は春~夏の日差しが強い時期にだけしていると言う方も多いかもしれませんが、紫外線は実は1年中降り注いでおり、一見日差しが弱いので気付きにくいものの、少なからず、肌にダメージをもたらしています。

その為、秋~冬の時期にお出かけする際にも、UV対策を忘れず行うようにし、紫外線からお肌を守りましょう。

プラセンタでかさつきやごわつきが改善する!?

かさつき・ごわつきに効果的な様々な対策をご紹介してきましたが、ここまでに紹介してきた対策に加えて、それ以外にもお肌のコンディションを整える方法は沢山あり、中でも近頃注目されているのが「プラセンタ」と呼ばれる美容成分です。

プラセンタは、哺乳動物に存在するお母さんと赤ちゃんを繋ぐ”胎盤”のことで、妊娠中には、この胎盤を通じてお母さんから赤ちゃんに酸素や栄養素が届けられることで、赤ちゃんがすくすくと成長することができ、出産すると体外に排出されるようになっています。

このプラセンタには、ビタミンやミネラル、たんぱく質、アミノ酸と言った驚くほどの数の栄養成分が豊富に含まれていることから、古くから健康や美容の為に使われており、エジプトのクレオパトラ7世、そしてフランスのマリー・アントワネットもプラセンタを愛用していたと言われています。

プラセンタには、数多くの美容効果がありますが、その中でも特に注目したいのが、若返り効果です。

プラセンタには、新陳代謝を促進する作用がある「上皮細胞増殖因子(EGF)」、軟骨細胞、平滑筋細胞を増殖させる働きのある「IGF」など特定の細胞を繁殖させる働きがある100種類以上の成長因子が豊富に含まれており、その中でも、若返り効果が期待できると言われているのが「線維芽細胞増殖因子(FGF)」と言う成長因子です。

この成長因子には、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を増殖させる作用があることから、肌にハリや弾力が復活するようになり、若々しさのある肌に導いてくれます。

プラセンタは、プラセンタから抽出したプラセンタエキスを使用した、注射や健康食品、化粧品などから取り入れることが可能で、その中でも手軽に取り入れられることで人気なのがプラセンタエキス配合のドリンクです。

プラセンタエキス配合のドリンクは、液体なので早く吸収されることから即効性が期待でき、さらに美容だけでなく、疲労回復効果や睡眠の質を高める効果もあり、プラセンタドリンクを取り入れるだけで、お肌だけでなく身体全体が若返るようになります。

かさつき、ごわつき対策だけでなく、毎日の健やかな暮らしをサポートしてくれるプラセンタドリンクをぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

肌が荒れていると、見た目も老けて見られてしまう場合もあることから、かさつきやごわつきが目立ち始める前に、入念にケアを行うようにし、乾燥に気を付けながら紹介した対策も実践してみてください。

外側からのケアだけでなく、内側からもケアをしていくことも忘れないようにし、さらに、プラセンタを取り入れて、透明感のある若々しい肌をいつまでもキープしていきましょう。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

  • プラセンタ

更新日:2022年01月25日

驚異的な若返り効果や美肌効果で注目されている美容成分「プラセンタ」。 プラセンタと聞くと美容効果が期待できるというイメージがありますが、美容効果だけでなく他にも…続きを読む