日焼けが痛い時の対処法|〇〇が大事!事前におこなう予防法や何故ヒリヒリするかを解説

日焼けが痛いときの対処法をわかりやすい手順別でご紹介!

痛みの続く期間や痛くて眠れないときの対処法、日焼け止めなどの豆知識も併せて掲載しているので、日焼けに悩んでいるかたはぜひこちらの記事を参考にしてみましょう。

目次

なぜ日焼けで肌が痛くなるの?

日差しの画像

なぜひ日焼けで肌が痛くなってしまうのかをわかりやすくご紹介します。

サンバーンによる炎症のせい

日焼けにより皮膚が赤くなる症状を「サンバーン(sunburn)」といい、紫外線によって皮膚が軽いやけど状態となっているため肌に痛みを感じてしまいます。

紫外線を浴びて炎症が起きることを、医学用語では「日光皮膚炎」と呼ばれており、一人ひとりの肌質や浴びた紫外線量によって症状が異なります。

※補足:日焼けによって肌が黒くなることを「サンタン(suntan)」といいます。

症状の例としては以下の8つがあげられます。

・ヒリヒリとした痛み

・皮膚が熱を帯びる

・皮膚が赤くなる

・頭痛

・発熱

・倦怠感

・嘔吐

・水ぶくれ

日焼けが痛いとき何日で治る?

日焼けした肌画像

日焼けが痛い場合、何日で治るのか痛みのピークはいつなのかをご紹介します!

約2~3日ほどで痛みや赤みが落ち着く

日焼けの様子などにより個人差が生じますが、通常約2〜3日ほどで赤みが消えます。

紫外線を浴びてから8〜24時間後に症状のピークが現れるため、この期間中に痛みを感じやすいでしょう。

実際に日焼けによる肌の色の変化は、数週間〜数か月後に落ち着くため、なるべく色素沈着がひどくならないようケアをしなければなりません。

日焼けで肌が痛い時の対処法

スキンケア用品の画像

日焼けをしてしまった時の対処法(ケアの仕方)をご紹介します。

手順の通りに紹介しているので、ぜひ一つひとつ実践してみてくださいね!

1.冷やす

日焼けをしてしまった際、まず直ぐに冷やしてください。

おすすめの冷やし方は4つ

・冷水で濡らしたタオルを当てる

・タオルを巻いた保冷剤を当てる

・氷水を袋に入れて肌に当てる

・冷やしシートマスクを貼る

上記どれかひとつを患部へ当て、赤みが落ち着くまで冷やしましょう!

また、氷水や保冷剤等は患部へ直接当ててしまうと刺激が強いため、ハンカチやタオルをはさんで温度調節を行うことをおすすめします。

2.保湿をする

日焼けをすると肌の水分が蒸発して乾燥状態になるため、冷やし終えたら保湿をしっかりと行いましょう!

この際に使用するスキンケア用品は「化粧水」「乳液」「オールインワンジェル」など。

肌が敏感になっているため「低刺激」のものを選び、普段よりもたっぷりめに保湿することが重要です。

3.皮膚科の病院へ行く

日焼け止めによる痛みが引かない、水ぶくれができたなどの重症状の場合は皮膚科のかかりつけ医に相談をしましょう。

【緊急】日焼けで眠れないほど痛いときは?

軟膏を塗る画像

今すぐ知りたい方必見!日焼けで眠れないほど痛い場合の対処法をご紹介します。

ステロイド軟膏がおすすめ

決められた用法用量を守り、ステロイド軟膏を塗布しましょう。

目安量は「口径5mmのチューブの場合、人差し指〜第一関節まで(約0.5g)を手のひら2枚分位の広さに伸ばして塗る」です。

日焼けの患部と比較して、使用量の調節を行いましょう!

症状の改善が見られない場合や悪化してしまった場合はすぐに使用を中断し、すぐに病院へ受診するようにしましょう。

日焼けで痛くならない予防法

ヒマワリを持つ女性の画像

日焼けで痛くならないための予防法をご紹介します。

4つの紫外線対策で日焼け予防をする

紫外線対策としておすすめな方法は4つ。

それぞれできることから出かまいませんので、身体を守るためにもしっかりと日焼け予防を行いましょう。

【4つの紫外線予防法】

・日焼け止めを塗る

・日差しの強い時間帯での外出を控える

・長袖の服/つばの広い帽子/UVカット機能の高い日傘を活用する

・曇りや雨の日も紫外線対策を行う

Q.日焼け止めの効果が低くなる習慣とは?

日焼け止めは使い方や管理方法によって、効果が減ってしまうことがあります。

そこで、こちらでは日焼け止めの使い方として、気を付けたいNG習慣を5つご紹介します。

以下に当てはまる使い方をしている方は、使い方を見直してみましょう!

・去年使い残した日焼け止めを使う

・日焼け止めを薄塗りにする

・日焼け止めの塗りムラがある

・日焼け止めは1日1回しか塗らない

・飲む日焼け止めのみの使用

Q.SPA値はどれくらいを選ぶとよい?

日焼け止めに見られる「SPA値」は、最大50+まで「+」表記は4段階まであります。

使用するシーンによって必要なSPA値が異なるので、ぜひ以下を参考に選んでみましょう!

【用途別SPA値を紹介】

・日常使い:SPF10~20(PA+~++)

・屋外や軽めのレジャー:SPF20~40(PA++~+++)

・日差しが強い日やアウトドアなど:SPF30~50(PA+++~++++)

日焼け予防におすすめな商品

プラセンタが含まれている商品でおすすめの商品を探している方必見!

こちらでは、初めての方でも取り入れやすいおすすめのプラセンタ商品を紹介します。

本当に飲みやすい!最高品質の「マリッカプラセンタ」がおすすめ

マリッカプラセンタの画像

植物プラセンタよりも、細胞分裂の促進させる細胞を活性化させる「成長因子」が豊富に含まれ、国内指定豚農園で安全と判断された豚から抽出されている「マリッカプラセンタ」。妊娠中や授乳中でも安心して摂り入れられるよう無添加という魅力があります。

他にも「マリッカプラセンタ」は3つのこだわりが詰まっています。

1.健康的に育てられた豚の胎盤を使用

2.瞬間冷凍で1本200mg配合

3.8つの贅沢な成分配合

内服タイプだからこそ動物性プラセンタなのに献血もできるといったメリットがあり、クッと流し込むだけという肌ツヤへのアプローチが叶う商品です。

ぜひ気になる方は商品をチェックしてみましょう!

そもそも日焼けとは

そもそも日焼けとはどんな状態なのかをご紹介します。

過度に日光に当たって起こる「日光皮膚炎」

過度な日光暴露によって起こる炎症を「日光皮膚炎」といい、一般的にいわれている「日焼け」と同じです。

海水浴やスキー、アウトドアなどで日光に過剰反応を起こし、皮膚が軽度のやけど状態となってしまうため痛みなどを引き起こしてしまいます。

日焼けも軽度〜重度の症状があり、重度にまでなると水ぶくれ等ができてしまうため、早めの処置を行うようにしましょう!

まとめ

以上、日焼けによる痛みへの対処法や予防法についてでした。

夏が近づくにつれて紫外線量も増え、肌へのダメージも多くなってきます。

しっかりと自分の肌を大切にし、スキンケアなどを取り入れてみましょう!

当サイト「Maricca APOTHECARY」では、健康状態をサポートする商品をご提案し、販売しています。

ぜひサイト内で紹介している他の商品も、ダイエット/腸活、美容/アンチエイジング、健康への効果に期待できるものばかりなのでぜひチェックしておきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次