顔の赤みで悩んでいる人必見!「赤ら顔」の対策方法

顔の赤みで悩んでいる人必見!「赤ら顔」の対策方法

ニキビのブツブツや乾燥によるガサガサなど、一口に肌荒れと言っても様々なタイプがありますが、中でも顔に赤みが現れる「赤ら顔」は、敏感肌の方に多い肌トラブルの1つであり、様々な原因によって引き起こる為、普段から顔の赤みで悩んでいると言う方も多いかもしれません。

赤ら顔はメイクで隠すこともできますが、化粧による負担でさらに悪化する恐れもある為、これから紹介する赤ら顔対策を行い、改善に取り組んでいきましょう。

そこで今回は、赤ら顔の改善や予防に効果的な対策方法をご紹介します。

赤ら顔の原因とは?

顔の一部分に赤みが出る「赤ら顔」は深刻な病気ではないものの、敏感肌ほどなりやすいと言われ、一度できると完全に改善するのは難しいことから、悩んでいる人も多いと言われています。

赤ら顔は血管が表皮に浮き出てくることで現れることが多く、他にも肌の炎症によって赤みが出てくることもあるなど、様々な原因によって発生します。

そこで、赤ら顔になる主な原因についてご紹介します。

1.バリア機能の低下

私たちの肌の皮膚には、外部からの異物の侵入を防ぎ、お肌の健康を守る「バリア機能」が備わっています。

バリア機能が正常に働いていると、角質層にある三大保湿因子が効力を発揮し、健やかでうるおいのあるお肌を保持することができます。

しかし、何らかの原因によってバリア機能が乱れると肌の内部に蓄えられていた水分が蒸発し、バリア機能が低下することで外部からの刺激を守る働きも弱まり、様々な肌トラブルを引き起こすようになります。

バリア機能の低下は、寒暖差やホルモンバランスの乱れ、不規則な生活習慣、花粉などのアレルギー、メイクやスキンケアによる負担など、様々な原因によって引き起こり、バリア機能が乱れるほど、少しの刺激で肌の赤みが現れるようになります。

2.毛細血管拡張症

肌にただ赤みが出ているだけでなく、網目状や分岐状に血管が透けて見える場合、「毛細血管拡張症」を引き起こしている可能性があります。

毛細血管拡張症は毛細血管が拡張して肌の表面に血管が浮き上がる症状で、肌が色白の人ほど目立って見える特徴があり、主に鼻の周りや頬に出現し、稀にかゆみを感じる事もあります。

毛細血管拡張症は、寒暖差や自律神経の乱れ、紫外線、飲酒などが原因で引き起こると言われており、その他にも精神的なストレスを溜め込んだり、緊張状態が続くことで起こることもあります。

化粧で隠せないほど進行すると改善するには時間を要しますが、レーザー治療や光治療などを組み合わせて治療を行うことで、短期間で薄くできる場合もあります。

3.酒さ

額や頬、鼻など顔の様々な部分が赤くなっている場合、「酒さ(しゅさ)」と言う症状が原因の可能性があります。

酒さとは、原因不明の赤みやほてりが慢性的に出現する症状の事を指し、毛細血管拡張症と同様に毛細血管が浮き上がってみえることもあります。

飲酒や不規則な食生活、アレルギー、更年期などが原因で引き起こると言われており、男性よりも女性の方が発症しやすい傾向にあります。

若い頃はほとんど出ることがなく、中高年になるにつれて発症しやすくなり、赤みが出るだけでなく、ヒリヒリとした感覚を感じる場合もあります。

4.ニキビ、ニキビ跡

ブツブツと目立った赤みがある場合、ほとんどがニキビやニキビ跡によるものです。

ニキビは皮脂腺の多い場所に発生し、一度できると跡が残ってしまうことが多く、改善するにはクリニックでの治療が必要な場合もあります。

ニキビは、不規則な生活習慣や睡眠不足、ストレスなどによってできやすく、さらにバリア機能の低下によって肌が乾燥することでできることもあります。

自分で行える「赤ら顔」対策

赤ら顔になる主な原因をご紹介してきましたが、肌の赤みが比較的軽度の場合、いくつかの対策を実践してみることで症状が緩和される場合があります。

そこで、改善や予防にも効果的な赤ら顔対策をご紹介します。

1.生活習慣を改善する

生活習慣を改善することで皮膚のバリア機能が向上し、赤ら顔の予防・改善が期待できます。

栄養バランスを考えた食生活や週に数回の適度な運動、良質な睡眠をとるようにしたりと、規則正しい生活習慣を続けていると肌にも良い影響が与えられ、自然に赤ら顔を改善できることがあります。

毎日の食生活では、保湿成分であるコラーゲンの生成を促す効果のある「たんぱく質」や「ビタミンC」が含まれた食材、ターンオーバーを促す働きのある「ビタミンB群」、肌の老化を遅らせるアンチエイジング効果のある「ビタミンE」と言った、美肌効果のある栄養成分が含まれた食材をバランスよく摂取するようにしましょう。

ちなみに、血管を拡張させて赤ら顔の進行を促進してしまうと言われているお酒や激辛料理は、なるべく摂取するのは控えてください。

また、適度な運動には、血液の流れをよくする効果があるウォーキングや水泳などの有酸素運動を行うようにし、他にも身体を鍛えると若返りホルモンとも言われる「成長ホルモン」の分泌が促され、美肌効果が期待できることから、定期的に筋トレも行うようにしましょう。

2.スキンケア方法を見直す

赤ら顔がいつまでも経っても治らない場合、スキンケア方法を見直すことで改善できることがあります。

赤ら顔の症状が出ている際には、肌に負担をかけないように心がけ、クレンジングや洗顔の際にはゴシゴシとこすらないようにし、優しくなでるように行うようにしましょう。

また、基礎化粧品は肌質によって向き不向きがあり、自分の肌質に合っていない化粧品を使い続けていると気付かずに肌に刺激を与えていることがあります。

赤ら顔の症状が出ている際には、低刺激の基礎化粧品を使うようにし、保湿対策も万全に行ってください。

3.紫外線対策を行う

紫外線を長時間浴び続けていると肌に様々なダメージをもたらし、バリア機能の低下にもつながります。

紫外線によって赤ら顔が悪化する恐れもあることから、外出する際には必ず日焼け止めや日傘、サングラスなどで紫外線対策を徹底して行うようにしましょう。

また、紫外線は晴れた日だけでなく、曇りの日も多く降り注いでおり、知らずに紫外線を大量に浴びていることもあります。

その為、天候に関係なく外出時には紫外線対策を万全に行うようにしてください。

4.普段から刺激を与えないように注意する

赤ら顔の症状が出ている時は、肌がいつも以上にデリケートな状態になっており、少しの刺激で赤ら顔が悪化してしまうことがあります。

特にマスクなど肌に触れるものを装着すると、摩擦によって肌荒れを招きやすいことから、肌質に合った素材を選んだり、マスクとの間に肌に優しい素材の布を挟んで対策しましょう。

また洗顔料やスタイリング剤は、刺激が強い成分が含まれていることが多く、肌についてしまうと強い刺激を与えてしまうことから、ヘアセットをする際には、肌につかないように慎重に行ってください。

プラセンタで赤ら顔が改善する!?

様々な赤ら顔対策をご紹介してきましたが、それに加えて赤ら顔を根本的に改善していきたいと言う方におすすめしたいのが「プラセンタドリンク」です。

プラセンタとは哺乳動物に存在するお母さんと赤ちゃんを繋ぐ”胎盤”の英語名で、赤ちゃんはこのプラセンタを経由して栄養や酸素を受け取り、すくすくと成長していきます。

プラセンタには豊富な栄養成分が含まれていることから、古くから美容効果や若返り効果が期待できることで美容に関心のある女性から注目を集めており、エジプトのクレオパトラ7世やフランスのマリー・アントワネットも若返り効果を求めてプラセンタを愛用していたことで知られています。

現在は、プラセンタから抽出したプラセンタエキスを使った注射や健康食品、化粧品が多々登場し、手軽にプラセンタを摂取することができるようになり、美容効果だけでなく、自然治癒力を高める働きもあることから、最近では医療現場でも幅広く取り入れられています。

プラセンタエキスには美白効果や抗酸化作用など様々な美容効果が期待できますが、中でも注目したいのが抗炎症作用です。

プラセンタには炎症を抑えて壊れた組織を修復する働きがあり、炎症による赤ら顔の改善が期待できます。

さらにプラセンタに含まれている「細胞増殖因子」という成長因子には、細胞分裂の促進や肌の皮膚細胞を活性化させる働きがあり、赤ら顔になりにくい健やかな肌に導いてくれます。

また、他にもプラセンタには体内に水分を蓄える働きのある「ムコ多糖類」が豊富に含まれており、肌のハリのアップや乾燥肌の改善も期待できます。

プラセンタには様々な摂取方法がありますが、特におすすめなのがプラセンタエキスが配合されたドリンクです。

「プラセンタ飲料 マリッカ」と言うプラセンタドリンクには、1本にプラセンタエキスが200mgも配合されており、プラセンタだけでなく様々な栄養成分も多く配合されていることから、美容効果だけでなく疲労回復効果も期待できます。

さらに、保存料やカフェインなどの添加物を一切使用していない為、就寝前に飲むこともでき、妊娠中の方でも安心して取り入れることが可能です。

若々しく潤いに満ちたお肌に導いてくれるプラセンタドリンクをぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、赤ら顔の対策方法についてご紹介してきました。

赤ら顔は数ある肌トラブルの中でも目立ちやすく厄介な症状でもありますが、原因を突き止めて適切な治療や対策をしていくことで比較的短期間で改善できる場合もあります。

その為には、まず規則正しい生活習慣を特に意識して取り組んでいくようにし、健やかな肌を目指していきましょう。

監修者

和田眞衣子 (わだまいこ)

©︎MichikaMochizuki

株式会社SKエンタープライズ【ビューティー&ヘルス代表】

和田わだ眞衣子まいこ-Wada Maiko-

幼少期の12年をアメリカとヨーロッパで過ごし帰国。
上智大学外国語学部英語学科卒業。
博報堂にメディア営業担当として勤務するが、30歳を前に、再度自分をみつける冒険として渡米。
NYで現在の夫と出会い帰国後結婚。
2児に恵まれるも、子育て中の美容に関して憤りと難しさを感じ、2011年、自分が飲みたい、安心安全なプラセンタ飲料、Mariccaを発売。
2014年、杜仲農家と出会い、2015年、無農薬・無添加・ノンカフェインの杜仲の青汁TochuGreenを発売。

関連記事

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

プラセンタは美容以外の効果もすごい!

  • プラセンタ

更新日:2022年01月25日

驚異的な若返り効果や美肌効果で注目されている美容成分「プラセンタ」。 プラセンタと聞くと美容効果が期待できるというイメージがありますが、美容効果だけでなく他にも…続きを読む