大人の野菜嫌い克服術5選!ニガテになる理由やリスク、代替案を紹介

野菜を見る目を隠す女性

子どもだけでなく大人の方も野菜嫌いを克服する方法をご紹介します。

野菜に含まれる栄養素は、私たち人間が生きていくために欠かすことのできないものばかり……。

根本的な野菜嫌いを克服するには、植え付けられた苦手意識を払拭して野菜がおいしいと思えるように努力を心掛けることが大事です!

大人の野菜嫌いになる理由とは

野菜を見て頭を抱える女性

野菜が嫌いになってしまう大人は、いったいどんな理由で嫌いになるのでしょうか?

いくつか厳選してご紹介します。

見た目が嫌い

大人が野菜嫌いになる理由として「見た目が嫌い」「見た目が気持ち悪い」などが含まれています。

ピーマンやゴーヤ、ブロッコリー等が苦手という人に多く、それぞれ独特な形状をしている物ばかり。

見た目が苦手という方は、ぜひ料理に使う場合は細かくみじん切りにしてみたりなど、見た目を変えることで食べやすくなります

野菜の青臭さが嫌い

野菜の特徴的な青臭さがニガテという大人も少なくありません。

セロリやトマト、ネギなどの臭みはとくにニガテという人も多く、この場合はぜひ臭みが消えるように火を通した調理を行ってみると良いでしょう。

野菜の苦み・酸味が嫌い

野菜嫌いという方には、野菜の苦みや酸味、渋み、えぐみがニガテという方も多いです。

ピーマンやほうれん草、人参、春野菜が含まれ、独特な味=美味しくないに結びついてしまうのでしょう……。

こういった野菜はスパイスなどを使った調理方法がおすすめです。加熱し、味を変化させることで美味しく食べられることもあるためおすすめです。

子どもの場合は「甘味・塩味・うま味」が好む傾向にある

子どもの味覚は「五基本味」と言われ、甘味や塩味、うま味の3つの味が盛り込まれているお菓子や加工品をどんどん好きになっていく一方で、徐々に苦味や酸味に拒否反応が出てくるようになります。

また、野菜嫌いになる理由には、匂いや苦味、食感、青臭さがダメといった理由が多く、見た目が嫌という理由で嫌いになることもあります。

子どもが嫌いな野菜の上位に挙げられるのが、ゴーヤや春菊、セロリ、ピーマンと言ったどれも匂いや苦味が強めな野菜で、大人の方も同様にこれらの野菜が苦手な方が多いようです。

■五基本味(ごきほんあじ)とは

子どもの野菜嫌いは主に味覚が関係しており、味は「甘味・塩味・酸味・苦味・うま味」の5つの味に分類され、これを基本五味と言います。

大人で野菜嫌いのままだとどうなる?

サラダの画像

大人で野菜嫌いが直らない場合のリスクとは、一体どんなことが起きるのでしょうか?

嫌いな野菜がある方は、今後どうなるのかをチェックしておきましょう。

腸内環境の悪化

野菜不足が原因で腸内環境にも大きく影響します。

ごぼうやアボカド、たけのこなどに豊富に含まれる「食物繊維」が不足すると腸内環境が乱れ、便秘になりやすくなります。

さらに食物繊維が不足していると血糖値が急激に上昇しやすくなることから、肥満になりやすい体質になってしまいます

免疫低下・疲れやすいカラダになる

野菜の摂取が不足すると、体の免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまいます。

さらにエネルギーを作り出す働きのあるミネラルや鉄分の不足によって、疲れやすい体になるため注意しましょう。

生活習慣病のリスクが高まる

野菜不足が長く続くことで、糖尿病や脳卒中といった生活習慣病になりやすくなります。

生活習慣病は一度発症すると治りにくいものばかりなので、普段から規則正しい食生活を行い、予防をしていくことが大切です。

野菜嫌いを克服する方法

料理を味見する女性

一度でも「野菜=おいしくない」という概念が脳に植え付けられてしまうと、野菜嫌いを克服するのはかなり難航してしまいます。

ですがある日、些細な理由で好きになれることも…!

こちらでは野菜嫌いを克服できる方法を5つご紹介します。

新鮮な「採れたて野菜」を食べる

スーパーで売られている野菜よりも、直売所で売られている”採れたて野菜”が最もおいしいと言われています。

一度採れたての野菜を食べて野菜本来の旨味を知ることで、野菜のおいしさに気づけることも。

各時期の旬にあたる野菜なら、より一層おいしく感じられるでしょう!

自分で育てた野菜を料理に使う

自分が食べられそうな野菜入り料理をレシピサイトで探し、食材を調達して料理を一から作ってみましょう。

和食・洋食問わずほとんどの料理には野菜が使用されており、レシピ通りに作るには野菜が必ず必要となります。

自分で調理をすると、自分好みの味付けにできるメリットもあり、料理のレパートリーを増やしていくうちに、自然と食べられる野菜が増えていくかもしれません。

見た目が苦手なら細かく刻む

視覚的な理由から野菜が苦手だという方は、細かく刻んだり、すりおろして原型をとどめないようにすると苦手意識が薄まり、おいしく食べられるはずです。

特にスープやカレー、ハンバーグ、チャーハンといった料理がおすすめです。

食感を変える

野菜独特の硬さやシャキシャキとした食感が嫌いという場合は、野菜を茹でたり、蒸したりすることで野菜が柔らかくなり、野菜特有の食感が無くなって食べやすくなります。

特に鍋、シチュー、ポトフなどの煮込み料理がおすすめです。

好きな食材と一緒に食べる

お肉や魚など、好きな食材と一緒に食べることで野菜の苦味や匂いがかき消され、楽しく食べれるようになるかもしれません。

また、最初は濃い味付けをして野菜の存在感をできる限り薄くし、慣れてきたら徐々に薄い味付けにしていくようにしましょう。

どうしても野菜が苦手な人は酵素ドリンクがおすすめ

酵素ドリンクの画像

野菜嫌いを克服する方法をご紹介してきましたが、極度の野菜嫌いな方の場合は、克服する為には多くの時間を要するかもしれません。

どうしても克服が難しいという方には野菜をそのまま食べるのではなく、直接食べる以外の方法で野菜を摂取するところから始めてみるのがおすすめです。

酵素ドリンクについて

酵素ドリンクとは、生の野菜や果物を発酵させて作られた酵素飲料のこと。

独自の抽出製法によって旬な野菜や果実を圧搾、加熱をせずに抽出して発酵することで、発酵時に栄養素が壊れることがなく、野菜に含まれた栄養素をそのまま摂取できます

それだけでなく、酵素ドリンクに含まれた酵母菌や乳酸菌の働きによって様々な健康効果や美容効果も期待できます。

意外にもあっさりとした飲みやすい味わいになっているので、野菜嫌いな方はまず酵素ドリンクで野菜不足を補いつつ、野菜克服を目指すのがおすすめです。

まとめ

大人の野菜嫌いを克服するには、無理やり克服しようとは思わずに、自分のペースで少しずつ改善していくようにすることが克服成功への鍵です。

そして、克服中の野菜不足を補うには酵素ドリンクを取り入れて、体調管理を行いながら乗り越えていきましょう。

Maricca APOTHECARY

Maricca APOTHECARYの製品は、誰もが安心して召し上がっていただけるように、添加物や合成香料などを一切使用しない「無添加」にこだわっています。

関連記事

スムージーを作る女性

野菜スムージーを毎日飲む効果4選!作り方や入れるおすすめ食材・ドリンクを紹介

  • 青汁

更新日:2022年11月15日

スムージーの健康効果、自家製スムージーの作り方、おすすめの材料についてご紹介します。スムージーは栄養満点でヘルシーなことから、芸能人である有名モデルが飲んでいることでも有名です。スーパーなどで材料さえ揃えれば、簡単に作ることができるため、初めてスムージーに興味を持った人もぜひこちらの記事を参考にスムージー生活を送ってみましょう!